関学生協について

大学生協は、キャンパスの構成員である学生・教職員が出資して「組合員」となり、自分たちのくらしをより充実したものにしていくための組織体です。
日常の店舗業務等は専門性を持った生協職員が行っていますが、より良い生協にしていくために、いろいろな形で生協に参加していただくことが出来ます。
 

学生委員会

生協と組合員を繋ぐ架け橋です。
生協の活動を伝える機関誌「Self」・書評誌「本氣倶楽部」の編集、環境や平和について考える活動、他大学生協との交流、生協祭や総代会など行事の運営・・・。
生協を盛り上げる活動を多々行っています。
 
 

多彩な交流ネットワーク

大学生協では、毎年夏に広島・長崎・沖縄を訪れ平和について学び交流する<PeaceNow!>、都市と農山漁村を結ぶ「自然と文化のネットワーク」である<樹恩(JUON)ネットワーク>など、多彩な活動を行っています。
店舗の営業だけではない、大学生協のネットワークにぜひご参加ください。
 
 

総代会・理事会

総代会は年に一回、五月に行われる生協の最高議決機関。
年間の方針等を決議します。組合員代表である「総代」には一年間の任期を勤めることが出来る方は立候補することができます。
理事会は総代会の決議に基づき、生協を運営していく機関で、理事も一年間の任期を務めることが出来る方は立候補することができます。
総代会ニュース
 
 

言わせて聞かせてBOX

生協に気軽に意見を出していただくことが出来るのが「言わせて聞かせて」です。
主要店舗に記入用紙と回収BOXがあります。また、このホームページでも投稿を受け付けております。
ご意見には担当が責任を持って回答させていただきます。活発なご意見をお待ちしています。
 
 

生協祭

大学生協は食の安全や健康、環境を考える取り組みを行っています。
食品添加物に基準を設けたり、弁当容器の回収などを日常的に行っていますが、よりわかりやすい形で、ちょっとお祭り的に楽しくアピールしていくのが「生協祭」です。毎年10月に行っています。
これら企画への参加や、実行委員会への参加をしてみませんか?


関学生協のご案内へ戻る